萩尾望都漫画家

福岡県大牟田市生まれ。埼玉県在住。
代表作は『11人いる!』『残酷な神が支配する』など。

1969年 講談社「なかよし」に掲載の『ルルとミミ』でデビュー。
1976年 『11人いる!』『ポーの一族』で第21回小学館漫画賞受賞。
1980年 『スターレッド』で第11回星雲賞コミック部門受賞。
1983年 『銀の三角』で第14回星雲賞コミック部門受賞。
1985年 『X+Y』で第16回星雲賞コミック部門受賞。
1997年 『残酷な神が支配する』で第1回手塚治虫文化賞優秀賞受賞。

『11人いる!』がアニメ映画化。『11人いる!』『イグアナの娘』がテレビドラマ化。
講談社、小学館、集英社、秋田書店、白泉社、角川書店、他の少女まんが誌、少年まんが誌で執筆活動中。
まんがだけではなく、小説や絵本の著作もある。

ポー
阿修羅
11人いる!
メッシュ
銀の三角
「萩尾望都原画展」TOP